1. >
  2. 証券会社に口座を開いてお金を入れるコールセンターSF87

証券会社に口座を開いてお金を入れるコールセンターSF87

株式取引をする時にはいくつかの用意するべきものがあります。

具体的にいいますとそれがまずは証券口座になります。証券取引をする為には、基本的に証券会社に口座を作る必要があります。

そして、そこに入金をすることによってようやく、取引ができるようになります。

最近ではインターネット取引が主流になっていますから、取引の指示は自分でネットを介してできるようになっています。これがとても便利であり、普及した理由にもなっています。

私の買いたい銘柄を決める日記DE

いざ、入金を終えたら購入する銘柄を決めることになります。

特に焦る必要性はないです。市場は開いていますし、よほど気になっている銘柄でもない限りはゆっくりと決めたほうがよいでしょう。

初めてであるから、という理由でとりあえず好きな企業を買うのも資金的に問題がないのであればありです。

最初であればとありえず楽しむことから始めた方がよいでしょう。意味不明のところを買う必要はないですが、応援したい企業を買うのはある意味では正しい方向性での株式購入と言えます。

注文をする目安箱XC

そこから注文を出すわけですが、問題となるのは枚数です。

株には単元と言うのがあり、100株でワンセットのこともありますし、1株で取引されている銘柄もあります。

つまりは、株価が1000円だとしても100株なのか1000株なのかによって違いが出てくるわけです。

1株の物はそのまま見てよいです。基本的にはそのような株はかなり高額になっていることが多いです。

注文を出す時に価格と枚数の入力をするところを間違えないことです。

取引が成立したらサークルFS

取引が成立しますと晴れて、株主となるわけです。

取引後は、値が上がるのを待つか、配当金を期待することになります。

もちろん、下がったら損をするわけですが、決済をしない限りはあくまで含み益です。

この時に損切をするのかどうかの判断を迫られることになります。逆を言いますと値が上がっても決済しなければあくまで含み益です。

このあたりの判断が株式投資においては最も難しいところであり、醍醐味であるといえるでしょう。